忍者ブログ
札幌とかで活動中のエレクトロポップバンド『POCKY BODY』。のめがねのひとのあまり更新されないブログ。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ストーリーが面白かったので記録。





・舞台…小学校。
昼:夏の超晴れた日の日陰、みたいな。ひんやりとした空気。異常に強い外との明度差。
夜:職員室付近のみ登場。ゲーム”SIREN”と同じ雰囲気

・主人公…姉弟。(語り部は弟)

・登場人物…姉弟、姉の友人、霊





概要…


ある日の昼休み、なぜか姉弟で「幽霊が出る」という噂の、旧校舎のトイレに行くことから始まる。


弟(俺)はそこで霊らしきものと遭遇。(そのトイレの中に入ったら、便器をバケツに変えられたり、会話の中でふざけて言った、古くて汚いロープを首に巻き付けられたりする。)


その後、姉が友人(雌)にその話をする。
その話に異常な興味を持った友人(雌)は、夜の学校に忍び込むことを提案。弟も嫌々ながら忍び込むことに。


(・ここから夢特有の話の破綻がはじまる。)


霊を探しに来たのに、なぜか友人は職員室に行こうと提案。そして職員室のドア前で発狂。
持っていたハサミを振り回し、恐ろしい形相で弟に何度も突きかかる。弟はスウェーバックを駆使して回避、するものの押し倒される。ピンチとなったところで姉が静止。友人我に返る。


どうも発狂したのは何かその霊と関係があるらしい。いや、霊の関係者だったらしいと言った方がわかりやすいか。そんな説明を始める友人。



その光景をなぜか見ていた霊は、なぜか魂を救われ、地縛霊から開放される。



それから旧校舎に霊が出るという噂はふっつりとなくなる。

・・・代わりに、学校中全てのトイレで霊の目撃情報が後を絶たなくなる。



おわり。(夢から覚めての脚色率:三割)




印象的だったのは霊とのファーストコンタクトと、姉の友人がハサミで襲い掛かってくるところ。ちょう怖かった。
夜の学校は、実際職員室前しか出てこなかったんだけど、PS2のゲーム”SIREN”の学校と同じ構造だった。そりゃ発狂が似合うわ。


ってか便器をバケツに入れ替えるてww意味がわからんわ、あいつ。まぁ面白いヤツなんだろうけど。あんまり悪意は感じなかったしね。



全体的にみると…まぁ俺の夢にしては珍しくオチがついたり、旧校舎のひんやりとしたトイレの雰囲気、ギリギリ耐えられる霊の怖さ、鬼気迫る表情での友人の発狂のあたりはなかなかにリアルで面白かった。

でも友人の発狂にちゃんとした理由の説明がなかったり、霊の人格や、なぜ地縛霊としてそこに居着いているのか、の説明がなかったのは減点対象。


ということで点数は…72点。もうすこしがんばりましょう。
PR
辿り着いた・・・。俺はようやくここまで辿り着いたんだ・・・。思えば長い道のりだった・・・。

兄貴の裏切り(雪かきをせずにバイトに行く)を 越え、みぞれ+あられ+ふぶき というなんか萌えキャラ三姉妹みたいな悪天候を越え、ネコの妨害工作(目の前で排泄行為)を越え、母との別離(途中で室内に逃げ帰る)を越え、やっとここまで辿り着いたんだ・・・!


ということでさっさと魔王を処理したいと思います。



十二月。
は、ライブがふたつ。


うち一つが 「コピーナイト」 
っていう企画。練習はあんまり出来ずに行った。
失敗した。

新しい試みとして、3曲目に、ベースとギター二本だけ、っていうアコースティックな感じの曲をやったんですが、そのクオリティが低いせいで一気に失速。

折角1曲目2曲目で温まったお客さんが一気に冷え込むのを感じた俺は
「はやくいえにかえりたいなぁ」状態。

まぁそんなひどくはなかったですが。納得いくかんじじゃなかったですねぇ。だからこんな印象。



もうひとつは、今年一番お世話になったベッシーホールさんのブッキングライブ
【uncut pebbles vol.205】。

やりなれたところでの、やりなれたライブ。つまり安心のクオリティ。
年末に ライブするなら ベッシーで。
年末に、ライブするなら、ベッシーで。

なんにもうまくないですね。
苦笑いも出ないですね。


ってなことで、とても納得のいく出来で一年のラストを飾ることが出来ました。ライブ会場自体にお客さん少なかったけど。


いやいやしかしながら、いつもいつも思うことですが、わざわざライブ会場に、お金を払ってまで来てくださるお客さん方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。俺なら行きませんからね。友達が ライブやるー とか言っても。

帝王がいつか言ってたことに、
「音楽は人と人を繋ぐなぁ」、
ということばがありました。

俺は全然そんなことねーよなに言ってんだお前音楽のみを特別視してんじゃねーよそのセリフ言ってみたかっただけだろマジきざったらしい死ねばいいのにとかは、全然、ぜんぜん、ぜーんぜん、まったく、これっぽっちも思っていないのですが、


このPockyBodyという営みにはまぁ、ちょっとくらい感謝してあげてもいいかな、と思っています。
ちょ、ちょっとだけなんだからね!勘違いしないでよね!!


という感じにキレイにシメたところで。

来年三月、帝王の上京とともに解散する予定の。
寿命の短いバンドではありますが。

もう少しばかりのお付き合いを。

宜しくお願いいたしまする m( _  _ )m


2008/12/31
山本
22歳

15日
完全に初期衝動が収束した。


どうしよう。あの時に一気に書いておけばよかったんだ。
休憩がてらメシでも食べようだなんて思った俺がバカだったんだ。

でも折角ここまできたんだから書いていかざるを得ない。惰性でもかまわない。連載は完結まで否応なく続いていくものなんですよね。遠藤浩輝先生。



まぁ記事を書きたい衝動が収束したとはいえ、十一月はかなーり思い出深いライブまみれでした。
特に29日の「マドロミロニカ」出演。


このライブは、帝王が「my space」っていう音楽家用のmixiみたいなやつでkibacoさんというバンドさんにマイミク申請したところ、

なんとライブ出演のオファーがきた、という、

なんかベタな映画のサクセスストーリーみたいないきさつで出たライブでした。
よって全体のクオリティがものすごく高かったのです。客としても楽しめました。いいライブだった。


まぁそんな中演奏はどうだったかというと

いつも通りできた。そんな中もなにも関係なく
いつも通りできた。


これは評価されるべきですよ!
自画自賛(・∀・)カコイイ!!

その後CDを売ればそこそこ売れるし。演奏にお褒めの言葉も頂くし。演奏よりもむしろMCのほうが評判いいし。

要するにいい思い出が大挙して押し寄せてくるわけです。
こういうときは何かを見失っているに違いないのですが。何かの一側面でしか物事を見ていないにちがいないのですが。

まぁ、たまにはいいよね。それで。
人生\(^o^)/ハジマタ
ライブを二本やりました。
演劇を十二公演やりました。

二つの時期がかさなりました。 


以上。
このあたりから記憶が鮮明になってくるなぁ。ひょっとしたら今年は九月からはじまっていたのか知れない。いや、ひょっとしたらの話ですが。

でも、その可能性はゼロなのでしょうか?例えそれが、あと七秒後にこの部屋の天井に隕石が降ってくる、というほどの小さな確率でも、ゼロじゃないなら、賭けてみる価値は十分にあるはずです。

いつから我々は、そんな小さな希望を無視するようになってしまったのでしょうか。思い出してください。まだ小さかった頃を。九月から、今年が始まると信じてた、あの頃を。




今年が始まってから九ヶ月経った、九月は忙しい月でした。


ライブ自体は無かったんで、めがねブログ的にはスルーしてもよかったんですが、割と思い出深いんで書きますよ!
まずですね!まずですよ?なにが忙しかったかというと!!、ね、あ、そうか・・・。なんか、ただ単にバイトと演劇で忙しかったというだけの話だった・・・。なんかすごいことをした気になってた・・・。落胆した・・・。


でもまぁ忙しいは忙しかったわけです。まぁまるまる一ヶ月間、朝八時に家を出てバイトに行き、そのまま演劇の稽古。それで家に帰るのは二十四時という生活を続けました。

まるで真人間になったような気分でした。夢のよう。ダメ人間にはまぶしすぎる日々。
うーん社会人になって馬車馬のように働くとするならばこんな感じなのかなーとか思いましたね。
これならやっていけるなーとかそんな感じ。強いぞ俺。



あと帝王と不眠症の結晶である一夜城ソング「セムセム」が出来上がった月ですね。俺も聴いたその日のうちにレコーディングしたんですけど、ほぼ一発でOK出ました。ふたりの感覚がリンクしてたんでしょうね。

それとも演劇で感覚が研ぎ澄まされてたのか。俺は演劇を持ち上げすぎてはいないだろうか。こわい。自分がこわい。


た す け て


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/01 NONAME]
[01/02 ちゃみー]
[01/01 執筆者山本]
[01/01 伊藤]
[01/01 執筆者山本]
最新記事
(01/03)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
最新TB
プロフィール
HN:
山本
年齢:
30
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/12/16
職業:
大学生
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/09)
(11/17)
(11/28)
(11/30)
(12/10)
P R